So-net無料ブログ作成

なにわの海の時空館 [11番]

西国art33巡礼の第十一番は、大阪南港コスモスクエアに在る「なにわの
海の時空館」こと“大阪市立海洋博物館”。

地下鉄中央線コスモスクエア駅に降り立ち、シーサイドコスモを歩いて程無
くすると半ドーナッツ型のエントランス棟と、その後にと言っても海中に建つ
ガラスドームの展示棟が見えてきます。
エントランス棟からエレベーターで地下に下り、青い光と天窓からの淡い光
が幻想的な60mほどの海中道を渡って展示棟へ。

ガラスドームの中央には、その昔大阪と江戸を行き来していたと言う菱垣廻
船を復元した“波華丸”が200畳と言う帆を広げて鎮座まします。
その船を囲むように展示スペースがドーナッツ状に配置され、4階には海を
描いた絵画や船のヘッド、3階には大阪の海運の歴史や文化、2階には菱
垣廻船の復元や和船の歴史が展示され、1階では定期的に特別展などが
開催されているようです。
菱垣廻船に目を奪われがちですが、各フロアーでは丁髷着物姿の係りの人
が案内してくれたりと、色々工夫もしながら大阪の海運の歴史に親しんでもら
おうと頑張っていらっしゃったのが印象的。
帰りにもう一度、海に迫り出したガラスドームを対岸から眺めて、帰路につい
た次第です。

設計は、シャルル・ド・ゴール国際空港のターミナルビルなど空港ターミナルビ
ル建築で名高いフランスの建築家ポール・アンドリュー氏が担当した2000年
の作品です。

★施設
場所:大阪市住之江区南港北2-5-20
開館時間:10:00~17:00(ただし、入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日
観覧科:一般:600円
http://www.jikukan.or.jp/index.html
★備考
復元した菱垣廻船「波華丸」を中心に大阪の海運にまつわる資料などを収蔵。

R0010614.jpg R0010591.jpg R0010567.jpg R0010566.jpg R0010626.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。