So-net無料ブログ作成

兵庫県立美術館 [12番]

西国art33巡礼の第十二番は、神戸岩屋のHAT神戸に在る「兵庫県立
美術館-芸術の館-」。

阪神岩屋駅から海岸に向かって下って行くと2号線を越えたあたりから
緩やかなスロープが現れ、その上を進むとスロープの向こうに幾何学的
な石垣とシンプルな箱型の建物が見えてきて、そのまま2階部分に繋が
っている。
館内はいたるところにスロープと階段が巡っていて美術館自体を楽しむ
ことが出来るような仕掛けになっているが、方向音痴な私は毎回来るた
びに、どこが入口だか判らずに迷いそうになる。

なんとかたどり着いた1階のエントランスホールから3階の企画展会場に
エレベーターで昇ると組み木の様な構造の階段が設えてあり上ったり下っ
たり会場に入る前に暫し写真を撮って遊んだ後、企画展の会場へ。
会場内では光の庭を見ながら一休みするなど、ゆっくり絵を楽しめるよう
になっている。企画展を観終わると、その出口には吹き抜けの空間に大
階段と光るエレベーターが設置され、上ると海が見え、下ると2階・1階の
常設展会場に行けるようになっており、2階には小磯良平氏と金山平三
氏の記念室、1階では収蔵作品を色々趣向を凝らした組み合わせで展示
をしたり、安藤忠雄氏の震災復興プロジェクトの資料を展示するコーナー
があったりする。

展示品を楽しんだら、いよいよ建屋の散策、先ず目に付くのは巻貝のよう
な円形テラス、それを回って上に行くと色々な方向に階段が有って、風の
デッキ、海のデッキ、山のデッキと巡りながら建物の構造や屋外彫刻など
を眺めることが出来る。
美術館から暫し離れて、隣接する“なぎさ公園”に出ると、自転車で海風を
受けてサイクリングする人、バスケットボールの野外コートでは学生達が練
習をしていたり、親子連れがインラインスケートで遊んでいたり、それを横
目に公園を進むと、円形のマリンステージやトイレに至るまで、いたる所に
安藤ワールドが点在し、美術館も含めた地域全体が楽しめる空間になって
いる。

設計は、大阪生まれで国内外現在最も活躍している建築家の一人安藤忠
雄氏が担当した2002年の作品です。

★施設
場所:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
開館時間:10:00~18:00(ただし、入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日
観覧科:一般:500円(常設展)
http://www.artm.pref.hyogo.jp/index.html
★備考
金山平三、小磯良平、横尾忠則など兵庫ゆかりの作家も含め、国内外の
近代美術約8000点の作品を収蔵。

R0010720.jpg R0010693.jpg R0010707.jpg R0010703.jpg R0010751.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。