So-net無料ブログ作成
検索選択

京都市美術館 [18番]

西国art33巡礼の第十八番は、岡崎に在る「京都美術館」。

京都平安神宮の門前、真っ赤な鳥居を挟んでモダニズム建築の京都
国立近代美術館と相対するように建つ、帝冠様式のレトロな雰囲気を
漂わせる建屋。
門柱から建物までの広々とした前庭から眺める姿が雄大で、扉などの
装飾にも絢爛さが漂い、襟を正す様な神妙な気分にさせてくれる気品
が感じられる。

玄関を入ると中央に大きな大理石の階段が重厚に鎮座し、威厳を放
っている。玄関ホールを挟むように広々とした陳列室が設えてあり、ち
ょうどルーヴル美術館展が終わった後だったせいか、なんとなく嵐の
後の静けさ的なのんびりした雰囲気の中、クイズのような文言の書か
れたカードで絵の中から作者の思い(展示者の思いと言った方がよい
かもしれないが)を汲み取らせると言う、面白い企画の常設展示が行
われていて、美術品をただ美しいと眺めるのではなく、何故この様な絵
になったのかを1枚1枚じっくり考えながら鑑賞できて、楽しいひと時が
過ごせました。

設計は、戦前数々のコンペを勝ち取り「コンペの前健さん」呼ばれ、レト
ロな雰囲気の建物を数多く残した、前田健二郎氏が担当した1933年
の作品です。

★施設
場所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
開館時間:9:00~17:00(ただし、入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日
観覧科:展示会ごとに設定
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/index.html
★備考
明治以降の日本画・洋画・工芸品などを収蔵。京展・日展などの公募
展を開催。

R0011085.jpg R0011090.jpg R0011094.jpg R0011109.jpg R0011110.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。