So-net無料ブログ作成
検索選択

河井寛次郎記念館 [21番]

西国art33巡礼の第二十一番は、五条通りに在る「河井寛次郎記
念館」。

清水焼の工房が点在する五条通りを少し入った所にある、古民家
風の建屋は、主であった河井寛次郎氏本人が高山などの民家を巡
って設計した自宅兼アトリエであり、没後その建物を使って作品など
を展示している。

河井寛次郎氏は柳宗悦氏や濱田庄司氏とともに民藝運動を推進し
た人物で、この記念館も、作品ばかりではなく建屋そのものから調
度品など隅々まで民藝運動を感じさせる空間になっており、ほっこり
とするような落ち着いた雰囲気を醸し出している。
とは言え、ただ古い民家を移築したのとは違い、中央に吹き抜け
ある二階建ての構造、二階には板間と和室がほど良く配置されてい
たりとモダンな雰囲気も感じられる。

その二階では、窓辺に猫が気持ち良さそうに昼寝をしていて、観光
客にちょっかいをだされても素知らぬ顔、できれば横のテーブル
腰掛け、一緒にうつらうつらしたくなるような、ゆっくりとした時間が
流れていました。

設計は、河井寛次郎氏みずから、飛騨高山などの古民家を参考に
しながら作り上げた1937年の作品です。

★施設
場所:京都市東山区五条坂鐘鋳町569
開館時間:10:00~17:00(ただし、入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日
観覧科:一般:900円
http://hcn.plala.or.jp/fc211/sagi/
★備考
河井寛次郎氏の旧邸宅を、その作品とともに記念館として開放して
いる。

R0011209.jpg 
R0011213.jpg 
R0011216.jpg 
R0011234.jpg 
R0011220.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

shibu

このネコを見ていると、
あらためてわが国は平和なんですねぇ。
ギリシャの影響で東京でも株価が下がったり、
アイスランドの影響でこれからの気候や
作物に何が起こるかななんて、
この子は知る由もない。
いや、この子にしてみれば知ったことではない。
知りすぎても憂鬱だけど、
遠く慮りなば近きに憂いあり、
どうにも人間というものは厄介なもので。
by shibu (2010-05-06 23:16) 

kengo

♪shibuさん
日向ぼっこをしながら、うつらうつらできる幸いが
最良なのかもしれませんね。
by kengo (2010-05-13 21:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。