So-net無料ブログ作成

奈良国立博物館 [2番]

西国art33巡礼の第二番は、平城の都にある「奈良国立博物館」。

奈良の国立博物館は、「正倉院展」で訪れてはいるんですが、お恥ずかしながら
本館の方には一度も足を踏み入れたことが無く、今回好い機会だと本館の正面
入口から来館させてもらいました。
天井の高い西洋建築の館内に、整然と配置された仏像の数々は、博物的に非常
に細部まで観察が出来て、これはこれで学術的な意味において王道の展示なんだ
ろうと言う印象でした。

本館の裏を抜けると、これも今回初めて知ったんですが、いつもお邪魔する新館
まで地下回廊が設えてあり、ミュージアムショップやカフェがゆったりと配置されて
なかなか良い雰囲気。その回廊を通って新館に入り、特別展示を眺めた後、茶室
のある日本庭園から新館を眺めたり、地下回廊に戻ってショップを冷かしたりと、
博物館を満喫させてもらいました。

本館の設計は、東京・京都の国立博物館も手掛けた日本近代建築の先駆け的存
在片山東熊氏の1894年の作品、新館は、モダニズム建築と日本建築を融合させ
た吉村順三氏の1972年(西新館)と1997年(東新館)の作品です。

★施設
場所:奈良市登大路町50
開館時間:9:30~17:00(ただし、入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日
観覧科:一般:500円(平常展)
http://www.narahaku.go.jp/
★備考
仏教美術を中心に数多くの名品を収蔵するほか、秋の正倉院展が有名。

R0010079.jpg R0010081.jpg R0010089.jpg R0010085.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。