So-net無料ブログ作成
20番 ブログトップ

京都府立陶板名画の庭 [20番]

西国art33巡礼の第二十番は、北山の植物園の隣に在る「京都府立
陶板名画の庭」。

板状の陶器に絵画を焼き付けた“陶板画”と言われる作品を野外に展
示する通常の美術館とは趣を異にする施設。安藤忠雄氏のコンクリー
ト打ちっ放しの建築物と水が織り成す空間には、モネの睡蓮、鳥羽僧
正の鳥獣人物戯画、ミケランジェロの最後の審判、レオナルド・ダヴィ
ンチの最後の晩餐などの作品が原寸大で展示してある。

入り組んだコンクリートの回廊と壁と柱の中を縫うように池と水路が配
置してあり、まるでエッシャーの絵の中に迷い込んだような不思議な感
覚を味わうことのできる建物です。

設計は、大阪生まれで国内外現在最も活躍している建築家の一人安
藤忠雄氏が担当した1991年の作品です。

★施設
場所:京都市左京区下鴨半木町
開館時間:9:00~17:00(ただし、入館は16:30まで)
休館日:年末年始
観覧科:一般:100円
http://toban-meiga.seesaa.net/
★備考
最後の審判・最後の晩餐・鳥獣人物戯画など8点の陶板画とオブジェを
野外展示。

R0011123.jpg R0011122.jpg R0011119.jpg R0011117.jpg R0011127.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
20番 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。